ブログ

【税務職員が解説】ブログで収入があったら、税金はどうなる?【脱税はダメ】

【元税務職員が解説】ブログで収入があったら、税金はどうなる?【脱税はダメ】
会社員
ブログ収入が入ったけど、税金ってかかりますか?
もちろん、税金はかかるよ!
めがね
主婦
ブログの収入って、黙ってればバレないよね?
正直に言うと必ずばれる。税務署の税金に対する執着は異常だ(笑)
めがね

 

今回はブログで収入が発生した場合の、税金について解説します。

収入を隠していても、税務署には必ずバレるので、しっかり申告して、税金を払いましょう。

 

この記事で分かること

・ブログ収入の種類について
・ブログの収入から税金を計算する方法
・ブログ収入を得ている人が納める税金
・ブロガーの確定申告が必要になる基準

 

税金を納めることは国民の義務。

ブログで収入を得るなら、その辺りの知識もきちんと持っておこう!

 

ブログ収入にかかる税金の計算方法

ブログ収入にかかる税金の計算方法

 

ブログ収入といえば、Googleアドセンスやアフィリエイト報酬がありますね。

このブログ収入から"経費"や"控除"を引いた『課税所得』に税金がかかる!

ブログを運営していくとかかる一般的な経費は次の通り。

ブロガーの主な経費


・パソコンの購入費用
・セミナーの参加費用
・サーバーのレンタル費用
・ブログに関する書籍の購入費用
・ブログ運用のためのツールの購入費用 など

 

控除は、『医療費控除』や『寄附金控除』などがあるので、該当のものがあれば引く。

最終的に残った課税所得に税率をかけることで、ブログ収入にかかる税金が分かりますよ!

 

次に、ブログをやってるとかかる主な税金を、3つ紹介していきます。

ブログ収入があるとかかる税金 ①所得税

ログ収入があるとかかる税金 ①所得税

ブログの利益(課税所得)に対してかかる税金。

所得税は、超過累進課税といって、収入(利益)が多いほど払う税金も増えます。

税率は利益額によって、5%〜45%

詳しくは、下記の国税庁ホームページの税率表を参考にしてください。

参考:所得税の税率表(国税庁ホームページより)

ブログ収入があるとかかる税金 ②事業税

ブログ収入があるとかかる税金 ②事業税

聴き馴染みがないかもしれませんが、ブログ収入が一定以上あると、『事業税』という税金がかかります。

事業税のポイント

・年間の所得(利益)が290万円を超えると税金がかかる
・税率は業種によって異なる

ブロガーの場合は、Googleアドセンスやアフィリエイトの広告収入となるため、『第1種事業(広告業)』に該当し、税率は『5%』です。

『文章を書いて生計立ててます』と主張すると、文筆家と判断され、事業税がかからない場合も…!
まだブロガーという職業が定着してないので、それで通る可能性もあるとか無いとか…

ブログ収入があるとかかる税金 ③消費税

ブログ収入があるとかかる税金 ③消費税

ブログ収入が一定を超えると、消費税事業者として、消費税を納める義務が発生します。

消費税のポイント


・課税売上が1000万円を超えると課税
・1000万円を超えた年の2年後に税金を納める

消費税のポイントは、利益ではなく収入(売上)が1000万円を超えると課税という点です。

他の税金は、『所得(利益)』を基準にしているのに対し、消費税は、収入額で判断します。

 

また、2020年5月現在、ブログ収入のうち『Googleアドセンス収入』は、消費税の対象外となっています。

 

つまり現状では、『アフィリエイト収入』のみが、ブログ収入のうち、消費税の課税対象なとるわけです。

ブログは、アフィリエイトで稼ぐ方が効率がいいので、まだアフィリエイトを始めてない人は、下から登録しておきましょう。

 

ブログ収入を確定申告して、税金を納める

ブログ収入を確定申告して、税金を納める

ブログ収入があれば確定申告をして、税金を納めなければいけません。

ただし、専業ブロガーか副業ブロガーか、立場によって申告義務が発生する収入額(所得額)の基準が異なります。

それぞれの立場でどう違うのか、見ていきましょう。

専業ブロガーの場合

専業ブロガーの場合は、ブログ収入のうち、年間利益が38万円(2020年分の申告からは48万円)を超えると、確定申告が必要です。

38万円(48万円)というのは、『基礎控除』という、国民全員が使える共通の控除です。

基礎控除を超える利益があれば税金が発生する可能性があるので、申告か必要となります。

副業ブロガーの場合

副業ブロガーの場合は、ブログ収入のうち、年間利益が20万円を超えると、確定申告が必要です。

 

副業ブロガーは、基礎控除を本業で使っているので、ブログ収入に対して使用できません。

20万円という基準は、少ない利益で確定申告されても、業務負担の割りに税金が取れない為、設定されています。

 

ただし、『医療費控除』や『ふるさと納税』で確定申告をする場合は、ブログの利益が20万円以下でも、必ず確定申告が必要です。

ブログの収入が少なくても、住民税の申告は必要

ブログの収入が少なくても、住民税の申告は必要

ブログの収入が少ないと確定申告が不要、というのは、あくまで所得税の確定申告の話。

 

ブログ収入(利益)が1円でもある場合は、住民税の申告が必要となります。

市役所の窓口で確定申告と似たような申告をすると、次年度の住民税額が決まります。

 

もちろん、きちんとブログ分の収入を申告しないと『脱税』になるで、気をつけましょうね!

ブログ収入があると税金はどうなる? まとめ

ブログ収入があると税金はどうなる? まとめ

今回は、ブログ収入がある場合に発生する税金について解説しました。

本記事で紹介した税金以外にも、働き方によって、住民税や国民健康保険税などの税金がかかります。

ブログで収入が発生したら、きちんと確定申告して、きちんと税金を納めましょう。

-ブログ

Copyright © Megane Blog , All Rights Reserved.